• ホーム
  • ナトリウムやDHAで予防の高血圧とミカルディス

ナトリウムやDHAで予防の高血圧とミカルディス

ミカルディスは高血圧の治療薬として知られる医薬品であり、近年では頻繁に用いられるようになってきているアンジオテンシン受容体拮抗薬に分類されるものです。
先発品に比べるとそのシェアこそ少ないものの、ミカルディスにオリジナルの作用があることも発見されてきていることによって着実にシェアを広げてきています。
そのメリットは糖尿病を合併している人において高い治療効果が認められるというものであり、合併しやすい高血圧と糖尿病を合併してしまっている患者に対して優先して使いやすい医薬品として注目されるようになっています。
高血圧の原因として最もよく知られているのがナトリウムとカリウムのミネラルバランスがうまく整っていない状態になってしまっているというものがあります。
塩分の過剰摂取によってナトリウムが多くなってしまっているというのが多くの高血圧患者で起こっている状況とされています。
一方、糖尿病においては腎臓の機能が低下していることが多く、それが原因でナトリウムの排泄がうまくできなくなってしまい、高血圧を招いてしまうということも十分にあることとして理解されています。
また、高血圧になってナトリウムの排泄の必要が高まるとそれだけ腎臓に負担がかかり、機能不全を起こしてしまって糖尿病になってしまうということもあります。

そういった密接な関係があるからこそミカルディスが役に立つのです。
また、どちらも動脈硬化のリスクを高めるということが知られていることから、DHAの摂取による動脈硬化の予防が望まれている点も共通しています。
そういった関連性の高さが高血圧と糖尿病の特徴であり、その治療に有効性の高いミカルディスがシェアを高める要因となっています。