• ホーム
  • 前兆なく発症する合併症にミカルディスと飲み物の関係

前兆なく発症する合併症にミカルディスと飲み物の関係

血圧を測定する医者

高血圧の治療をしている際には飲み物に気を使わなければならないことがあります。
高血圧においては降圧治療を行うことが基本的な治療のあり方であり、それによって合併症のリスクを低減させることができます。
その際に使用している薬の種類によっては飲み物との飲み合わせが悪いものもあるのです。

カルシウム拮抗薬に分類されるアダラートやノルバスクなどの治療薬はグレープフルーツジュースに含まれる成分と相互作用を起こしやすいということが知られており、服用中は飲んではならないとされています。
これは肝臓にあるカルシウム拮抗薬の代謝酵素が阻害されてしまうことによるものであり、こういった影響を受ける医薬品は他にも知られています。
しかし、同じようにして降圧治療に用いられるミカルディスにはそういった心配はありません。
ミカルディスは肝臓の代謝酵素に影響されることがないため、グレープフルーツジュースを飲んでも代謝排泄に影響がないのです。
そのため、基本的にはミカルディスの場合には飲み物にそれほど気を使う必要はありません。

また、ミカルディスには糖尿病の予防効果もあることから有用性の高さが注目されるようになっています。
高血圧や糖尿病は動脈硬化のリスクファクターであり、動脈硬化によって引き起こされる致命的な合併症である脳梗塞、脳出血、心筋梗塞といった疾患は前兆なく突発的に発症します。
そういったリスクを避けることができるという点からもミカルディスの有用性が注目されるようになってきているのが現状です。
飲み物に気を使う必要なく使用することができて、合併症の予防もできるというメリットの大きな治療薬として頻用されるようになってきています。

人気記事一覧